慕心、明日へ。慕心、明日へ。

About Projectしろいし慕心プロジェクトとは

プロジェクトへの思い

本市は、古くから奥羽と関東を結ぶ要所として、
多くの人々が行き交い、繁栄してきました。
白石に暮らす人々は、数々の戦乱を経験しながらも、
強く逞しく生きていく力がありました。
そして、2018年。
白石に奥羽の諸藩が集い、東北、白石のアイデンティティで
ある「義」を貫いた戊辰戦争から150年を迎えます。

今、本市をはじめとした全国の地方都市は、少子高齢化や
若者の大都市への流出など、数多くの問題を抱え、経済発展、
交流人口拡大のため、多くの観光客を全国・海外から呼び込もうと
様々なPRが行われています。

本プロジェクトでは、本市のこれからを市民とともに考え、
市民が白石を愛し、まちをつくり、育て、動かす(シビック
プライドの醸成)ことが大切なことではないかと考えます。
戊辰戦争150年を契機に、白石の大いなる歴史を慕い、
まちを慕う心を醸成し、白石市民の未来への推進力を育むため、
ここに本プロジェクトをスタートいたします。

白石市長山田 裕一

慕心、明日へ。

戊辰(ぼしん)=慕心(ぼしん)
懐かしく思う。思いをはせる。
決してノスタルジックな気持ちではなく、
豊かな白石城の城下町を心の原風景とし、
戊辰戦争という歴史を学び、慕い、
白石の未来を思うこと。
このスローガンは、
歴史ある白石を慕う
市民の心と明日への思いを発信します。

心 慕心、明日へ。しろいし

「しろいし」の文字で出来た「心」を象ったシンボルです。
受け継ぎたい先人のこころざしを胸に、
白石市を誇る市民の「心」を表現しました。